スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

高さ揃えJavaScriptの落とし穴・その後

jquery.flatheights.jsを使ってボックスの高さを揃える際、高さ指定の無い画像が含まれているとwebkitでボックスがつぶれてしまうということについて前回記事を書きましたが、その後@mattari_pandaさんの協力でとりあえず解決に至りました。



var _UA = navigator.userAgent.toLowerCase();

if(parseInt(_UA.indexOf('applewebkit')) > -1){
$(window).load(function(){
$('.box1').flatHeights();
});
}else{
$(function(){
$('.box1').flatHeights();
});
}


こんな感じでwebkitの場合は実行タイミングを「load」にしてやることで画像の高さを取得してくれるようになります。UAで分岐しないで全て「load」にしてもできるのですが、そうすると問題の無いブラウザでの表示パフォーマンスを無駄に落とすことになりますのでUA分岐しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。